のり子日記

悲願の金メダル!

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもの、日中はまだまだ残暑が厳しいですが、朝夕はほっと一息、しのぎやすくなりましたね。

今日の朝刊は、どの紙を見ても「悲願の金メダル!」一色です。
ソフトボール日本チームの優勝、本当に嬉しいですね。球技の日本勢の金メダルは、1976年モントリオール五輪のバレーボール女子以来、32年振り。

今まで金メダルは米国が指定席だったため、次回ロンドン五輪で実施競技からはずされてしまったソフトボール。
まさに背水の陣、最後のチャンス。日本選手の執念が実った瞬間だったと思います。星野仙一・野球監督も「日本女性の強さを見せつけた」と絶讃しました。

指の豆はつぶれ、体はボロボロになりながらも3試合連続激投・413球、エース上野由岐子投手のインタビューが印象的でした。 「最後は気持ちの強い人間が、勝ちをとることが出来ると思った」と。
学ぶこと大です。

さらに「私たち(夫婦)の金メダルは由岐子」と誇らしげに語る母・京都さん。素敵!またまた感動です。


© 2017 kurinori.net