のり子日記

次期米大統領にオバマ氏

4日、世界注目の米大統領選が行われ、「変革」を掲げて旋風を起こした民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が共和党のジョン・マケイン上院議員(72)を大差で破り、第44代次期大統領に当選しました。 黒人(アフリカ系)の大統領誕生は米建国後初めて。

オバマ氏は、金融危機の深刻化で有権者の経済への不安が高まる中、中低所得者に手厚い政策を訴えて支持をつかみました。また、開戦から5年半以上経過したイラク戦争には一貫して反対、就任後16ヶ月にないに駐留米軍部隊を撤退させると公約しています。

「米国と世界を癒せるか!」と注目を浴びています。

公明党・太田代表は大いなる期待を込めて、次のような「祝電」を送りました。

第44代米大統領選における閣下の当選に際し、閣下、貴御家族、貴国民の皆様に、日本国公明党を代表し、衷心より敬意と祝賀を表します。 激動する世界の平和と世界経済・金融の安定のために、若き閣下の英明なる リーダーシップと情熱に、全世界は熱き期待と希望を寄せております。 世界平和と国際社会の安定化発展に貢献する日米両国関係の重要性に鑑み、わが党は、今後とも緊密な日米対話を継続し、安定した国際社会の構築に向け、引き続き全力で取り組む所存です。閣下の益々のご活躍をお祈り申し上げ、重ねて祝福申し上げます。


© 2017 kurinori.net