のり子日記

予算特別委員会で”婚活支援”訴える

都議会予算特別委員会の総括質疑に立ち、少子化対策の中で「婚活支援」を取り上げました。
結婚は”公的支援の対象ではない”というのが都の役人さんの基本的なスタンスで、さまざまな部局に話をしましたが、どこもたらい回し。でも、少子化打破は待ったなしの課題です。意識啓発だけではとても間に合わない。直接支援が必要な時代なのです。

そこで東京都ならではの婚活支援として、ボランティアを活用して出会いの場を提供することを提案しました。思いがけず石原知事が答弁に立たれ、「ボランティア活動を通じて、たくさんのカップルができたら結構なことで、仕事はたくさんありますから、幾らでも準備いたします」と。

来年春の海の森「植樹まつり」へ向けて、具体的な支援プランを実現してまいります。



© 2017 kurinori.net