政策

栗林のり子は都議会初挑戦に際し、ひとりひとりの夢を後押しするために政策ビジョン「東京夢プロジェクト」を掲げ、その実現に全力を注いできました。
しかし、東日本大震災を経験した今日、ふたたび「夢がもてる社会」へ向けて新たなビジョン「東京夢プロジェクトII」を提示したいと思います。

1.「原発ゼロ社会」の実現をめざす!

  • 2020年までに東京の再生可能エネルギー20%を達成します。
  • 高効率な天然ガス発電所の建設、戸建住宅30万戸に太陽光発電を整備するなど、「原発ゼロ社会」の実現へ最善を尽くします。
  • 2. 地震・災害に強い街づくりを促進!

  • いざ災害が起こった時、防災拠点となる建物や病院の耐震化100%を早急に推進します。
  • 木造住宅密集地域に都市計画道路を整備し「燃え広がらない街」をつくります。
  • 3. 高齢者、障がい者、子育て世代を支援!

  • 「地域の力」を結集し、高齢者を孤立させない見守り拠点の整備、障がい者の自立と就労支援を推進します。
  • 多様な子育て施設の増設と祖父母世代によるサポートなど、安心して子育てできる環境を充実させます。
  • 4. 子どもの成長、若者の夢をサポート!

  • 「いじめ問題」の根絶をめざし、”子どもたちのため”に教育行政と学校現場が協力しあえる体制を構築します。
  • 就労支援と婚活支援などを通じて、若者の夢と生活をバックアップします。
  • 5. 文化・芸術・スポーツの振興に全力!

  • 二子玉川の再開発で「シネコン」(複合型映画館)の建設が決定。世田谷を文化・芸術の発信拠点にします。
  • 2020年夏のオリンピックを招致し、世界からの震災支援に”ありがとう”のメッセージを発信します。


  • 東京夢プロジェクトの達成度はこちら



    © 2017 kurinori.net