女子サッカー「スフィーダ世田谷」を応援しよう!

今、日本中に勇気と希望を送ってくれている女子サッカー。なでしこジャパンのロンドンオリンピック銀メダルに続き、ヤングなでしこがU20の大会で銅メダルに輝きました。

わたしたちの世田谷にも、女子サッカーチームがあるのをご存じでしょうか?
「スフィーダ世田谷」
現在、J2にあたるチャレンジリーグで上位につける強豪チームで、実はヤングなでしこの「10番」をつける横山久美選手もスフィーダの出身なのです。

<チームのプロフィール>
2001年、世田谷区を中心に結成。2011年にチャレンジリーグに昇格した。「スフィーダ」とはイタリア語で挑戦を意味する。
中学生から社会人まで一貫指導を行い、現在約100名の選手を擁する日本国内最大規模の女子クラブである。地域密着型クラブとして、地元であるウルトラマン商店街と協力しながら地域発展にも貢献している。(公式ホームページから)

栗林のり子はチームの結成当時から、スフィーダ世田谷を応援してきました。今や2部リーグ以上で活躍する東京(23区)唯一のチームに成長し、J1にあたるなでしこリーグ昇格まであと一歩のところまできました。横山選手のように未来のなでしこを担う選手が陸続と続いています。今こそ地元・世田谷を挙げてスフィーダを応援しようではありませんか!!


スフィーダ世田谷の10周年記念祝賀会で。左から前代表の高柳美恵子さん、川邊健一監督、稲田能彦代表
© 2017 kurinori.net